• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

国が進めている待機児童0作戦のためか、保育園や幼稚園の新設・建て替えの話が多くなってきました。
お年寄りの介護施設は今後も増え続けると思いますが、次代を担う子どもたちを育てやすい環境作りに国も本腰を入れた証拠ですね。
国力は人口数に関係すると言われています。現在の我が国の人口が20年後、30年後には7千万人にまで落ち込むと言われて久しいですが、小子高齢化社会を突き進んでいる日本、みんなで元気出しましょう!

公営から民間に移行される保育園の建て替えのための打ち合わせに行ってきました。
規模は100人ほどの保育園ですが、設計者の心配りが感じられる素敵な施設になりそうです。
私どもは、ご存知の通り園内の空気環境を「きれい」にするためのエアープロットですから、期待値は大きいと思います。これまでの実績を活かし、こちらの園児達の健康をサポートできるようしっかりアドバイスして行きたいと考えております。

着工は来年の7~8月ころ、完成はよく年2月末と伺っております。
これから楽しみです。

2014.08.27.

花粉症対策

知り合いの会社の事務所のメンバーに花粉症の社員がいるということで、近々工事に行くことになりました。
一人はアトピーがひどく、肌が黒ずんでいる様子がわかりました。とても気の毒でした。
とにかく工事後、来春の事務所の様子を伺うのが楽しみです。

ご存知の方も多いと思いますが、化学物質の有害性を1962年に世界で初めて紹介した女性です。

http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/519703.html

旧園舎の取り壊しと外構工事が済み、園舎の全容がこのほど完成しました。
早速記録写真をとってきましたのでご披露いたします。定員385名の大規模幼稚園です。

 

きょう、那須烏山消防署が落成しました。
署員の健康に配慮し、エアープロットが採用されています。主にインフルエンザウイルスの集団感染予防が目的です。また、花粉症対策も加味されております。

治療は「本当に花粉症なのか」そして「どんな花粉が原因(抗原)で症状が起きるのか」を調べることから始まります。

まず、アレルギーの原因になっている植物の種類と、その度合いを皮膚テストで調べること。
フリックまたはスクラッチテストは直接、皮膚に浅い傷を付け、疑いのある抗原(数種類)を、傷のところに垂らします。皮内テストは抗原のエキスを皮膚の浅い所に注射します。そして、蚊に食われたような腫れと、その周りにできる発赤の反応があれば、それが原因になる植物と判るわけです。もちろん抗原は薄められたものを使います。

フリックまたはスクラッチテストと、皮内テストのどちらを行うかは医師が判断します。

皮内テストの方が反応が強く出ますが、フリックまたはスクラッチテストの方が痛くないので子どもに適当です。検査を受けた日の夜の入浴は、腫れが強くない限り大丈夫です。強く腫れ、痒いときは入浴を控えた方がよいでしょう。ひっかかないで、そっとしておいてください。

アレルギーの患者は抗原に対するlgE抗体という物質が体の中に増えています。体内にどれくらいあるか血液を採って調べる方法があります。これをRAST法といいます。

スギに反応するlgE抗体や、ブタクサ、カモガヤ、ダニに反応するlgE抗体など、どんな種類の抗体を持っているか調べます。

皮膚検査では、アレルギーの薬や、風邪薬などを飲んでいると、正しい診断ができません。検査の前の一週間くらいは、薬をやめなければいけません。また、検査のために鼻水を調べることがありますから、診察を受ける前は、鼻をかまないでおきましょう。
                                ―財団法人 日本アレルギー協会資料より―

 

 

カビについてのお話がありました。
是非ご覧ください。

エアープロットはカビの胞子を分解除去することができます。

2月9日放送のTBS「ゲンキの時間」でアレルギーをテーマとした番組が放送されました。その中身は・・・
この時期ですから当然「花粉症」のことが詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

 

 

気象情報会社「ウエザーニューズ」(千葉市)は29日、東京都と関東の6県が26日に花粉シーズンに突入したと発表した。飛散量が花粉に敏感な人の症状が出始めるレベルに達したためで、昨年より1週間から10日程度早いという。

独自の花粉観測機「ポールンロボ」を全国に設置し、飛散量を調べている。26日に東京都内の約9割の観測点で、その他の県でも23日から26日に一定量以上の花粉を観測した。                      ―20140130 下野新聞―