• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

鼻の内側は大きく分けて「鼻腔」と「副鼻腔」に分かれています。鼻の穴の奥にあるのが鼻腔です。鼻腔は仕切り(鼻中隔)によって左右に分かれています。左右の鼻腔には、それぞれに3つのひだ(上、中、下鼻甲介)があります。鼻腔の仕切りやひだの表面は粘膜で覆われています。その粘膜にはたくさんの血管や分泌腺があり、粘膜の表面には線毛をもつ細胞が並んでいます。この粘膜や線毛は様々な活躍をしています。

まず、鼻の粘膜は乾燥した空気に湿り気を与えます。気管や肺は乾燥に非常に弱く、乾いた空気では炎症を起こしてしまうからです。鼻の粘膜から分泌される水分は、1日に1リットルくらいといわれています。

ホコリを肺に侵入させないように防ぐのは、粘膜の上を覆っている粘液です。これは粘っこいので、ホコリや花粉が吸着されます。吸着されたものは線毛の働きで運搬され、ベルトコンベア式に喉へ運ばれて口から排泄されたり飲み込まれます。

100分の1ミリ以上の粒子の80~100%は鼻に吸着されます。そのため、鼻にはアレルギーが起こりやすいのです。

鼻腔に起こる炎症を鼻炎と言います。花粉症は、花粉によるアレルギー性鼻炎です。

花粉症の人は、鼻に花粉を吸い込まないようにしなければなりません。それにはマスクが効果的です。眼のかゆみなどの症状がある人は、花粉よけのメガネが効果的です。鼻や眼に付着する花粉の量を少なくします。ちなみに、副鼻腔は、鼻腔の周りの骨のなかにあるいくつかの空洞で、鼻腔とは小さな孔でつながっています。孔が小さいため花粉などは入りにくいのですが、それでもアレルギーを起こすことがあります。副鼻腔に起きた炎症は副鼻腔炎で、なかでも、膿がたまるものが、いわゆる蓄膿症といわれています。             ―(財)日本アレルギー協会資料より―

 

 

どうして花粉でアレルギーが起こるのでしょうか。

スギなどの花粉が、鼻の中に吸い込まれると、アレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が花粉から溶け出します。
この抗原をやっつけるために、人間は体の中で抗体というものをつくりだします。

抗体は、肥満細胞と呼ばれる細胞に乗って、抗原が体に侵入すると出撃します。そして、抗原を捕まえます。このときに肥満細胞から、ヒスタミンなどいくつかの物質が放出されます。ヒスタミンなどの物質は、神経を刺激します。
この刺激でくしゃみが起きたり、鼻水が流れたりして、抗原を体の外に追い出すのです。
鼻の血管は刺激を受けて鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりが起きます。こうして抗原(花粉)を含んだ空気を、入りにくくするのです。

眼についた花粉も、同じような体の働きで、眼のかゆみを起こします。また、腫れて(鼻づまりに当たる)、涙(鼻汁にあたる)によって、花粉を洗い出そうとします。

こうした一連の、抗原と抗体による反応をアレルギー反応と呼びます。アレルギー反応は、異物が体に入るのを防ぐ、人の体に備わった防衛システムなのです。

体の防御反応は、起こり方には個人差があります。何の反応も出ない人もいますし、反応が過敏になり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、身体が大騒ぎになる人もいます。

花子さんは、もしかしたら花粉に過敏に反応してしまう体質なのかもしれません。   ―(財)日本アレルギー協会資料より―

 

OLの花子さんは春が苦手です。まだ寒さの残る2月ごろから、くしゃみや鼻水が止まらなくなり、鼻づまりに苦しみます。
花子さんが大きなくしゃみをするたびに、同僚の視線を集めます。鼻水をかんだ後のティッシュペーパーでゴミ箱はいっぱいになります。電話の受け答えも鼻水でグズグズ。また、目はかゆくなり、ゴロゴロとした感じで、涙は出るし、目玉をとってしまいたいという気さえします。
仕事は、まったくはかどらずイライラします。
ところが、隣の桜子さんは暖かな春亜g大好き。どうして花子さんが苦しむのか理解できません。花子さんは花粉症かもしれません。
花粉症とは、スギなどの花粉によって起きる、目や鼻のアレルギーです。
普通の人なら、異物(花粉)がからアdに入ってきても簡単に処理してしまうのに、体が大騒ぎしてしまうのがアレルギー病です。その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの様々な症状で苦しむのです。さて、花子さんの憂鬱な春は、ずーッと続くのでしょうか。  ―財団法人 日本アレルギー協会資料より―

  

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われているダニ、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を
悪化させるものを減らす為にエアープロットを塗布します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

喘息の対処方法にて、「アレルゲンを少なくすること」が根本的な治療法とご説明しました。
では、アレルゲンを少なくする方法はどうすれば良いでしょうか?

ここでエアープロットが効果を発揮します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています

ダニのフン原型   12時間後    3日後
   
 詳しく実験の結果を見る>>
 
             
                     花粉で起こるアレルギーを花粉症と言います。花粉症ではアレルギー性鼻炎の症状が最も
                     強く現れるます。 
                     アレルギー性結膜炎や喉アレルギーの症状、皮膚アレルギーや気管支喘息の症状も現わ
                     れます。
                     このような症状が起こるのはなぜでしょうか・・・
 
                  ◆アレルギー性結膜炎
                      眼に入った花粉を洗い流そうとして涙が出てきます。花粉を洗い流そうと次々と涙が出て
                      くるため眼が潤み、腫れてしまいます。
                      眼がころころとして痛くなります。また、花粉を排除しようとして痒みが出てきます。そのた
                      め眼を盛んに擦るようになり、痛みが増します。
                    
                    
                    ◆咳・喘息
                      鼻づまりのため口で呼吸をすると喉に症状が現れます。のどに花粉が付着するとそれ
                      を排除しようと咳が出ます。連続したから咳です。のどの痛みや筋の痛む場合もありま
                      す。
                      喉が渇き、痛み、イガイガ感、痒みが出ます。痰が出たり、顔のほてり、悪寒が出ます。
                      喘息と言われる症状が出ます。花粉が気管支まで達すると喘息の発作が起きます。                                      ◆アレルギー性皮膚炎
                      花粉が顔や手に付着すると湿疹や皮膚炎になります。
                      花粉症の特徴としては、花粉が飛び始める頃から症状が始まり、花粉が飛ばなくなる
                      と症状がなくなります。
 
             
                      季節により花粉の種類が異なります。1年中なんらかの花粉の飛んでいます。
*スギ 2月~3月上旬  
*ヒノキ 3月~4月下旬
*ケヤキ 4月
*カモガヤ 5月
*ヨモギ 8月~9月
*ブタクサ 8月~9月

  

  
※顕微鏡写真 倍率2000倍 ㈱ゼンワールド触媒研究所撮影

              
                花粉症の原因は花粉です。
                      また、森林環境の変化によりスギやヒノキなどの花粉が異常に発生しています。
                      建材等のコスト面でも国産建材より外材の消費が多くなり、国産の消費が少なくなっています。
                      それだけではなく、中国の発展により有害物質が偏西風に乗り、黄砂と共に日本に飛来します。
                      環境の汚染も原因とされています。
 
              
                       従来の花粉症の対処方法としては
                       ①病院へ行く  ②薬を飲む  ③マスクをつける  が主な対処法でした。
                      
                      今回、原因療法として提案する方法が“お住まいの家の窓ガラスに「エアープロット」を塗る” 
                      という方法です。
              
                        お部屋の窓ガラスにエアープロットをコーティングすることによりお部屋の中の花粉を分解します。
                       花粉症の原因物質は花粉です。エアープロットは原因物質を分解除去することが出来ます。
                       原因物質をなくすことにより症状を出なくします。
 →
 杉花粉原型    1時間後 
 詳しく実験の結果を見る>>
 

アレルギー疾患対策法案提出へ

自民、公明両党は7日、アトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症など、急増するアレルギー疾患への対策指針策定を国に義務付けた「アレルギー疾患対策基本法案」を今月中にも国会提出する方針を固めた。東京都調布市で昨年12月に食物アレルギーのある女児が給食後に死亡した問題も踏まえ、学校に医療面などの適切な対応を促す。

中略

国の基本指針では調査研究の促進や予防施策の普及を盛り込む。全国どこでも適切な医療が受けられるよう専門医育成や医療機関の整備充実を図る。厚生労働省に、患者や家族、専門家で構成する対策推進協議会を設置し、基本指針策定の際などに意見を求める。   下野新聞 2013.4.8掲載

きのうから、各テレビ局の天気予報の花粉情報で、スギ花粉の飛散に加え、ヒノキ花粉が飛散し始まったと一斉に報じていました。スギ花粉の最盛期も終わりを迎えているんでしょうね。でも、安心はできません。ヒノキ花粉のアレルギー反応はスギよりも強いと聞いたことがあります。(科学的な裏付けは?) 

まだまだ油断はできませんね。

今日は、日中の気温が10℃を超え、いよいよ花粉の大襲来を予感させる季節の到来と思いきや、案の定、午後になって空は霞がかったように花粉に覆われていました。南方からの強い風がスギの林を激しく揺さぶっていたためでしょう・・・。 

営業先の設計事務所の女性の方が、
「今日は花粉がひどいですね。私はこれからの季節は大変です」

それを聞いた私は
「そんな方の為に今日は営業に伺いました」とすかさず名刺を差し出しました。

女性は
「アラ、そうでしたか!?」

私は
「お困りの時はお声をかけてください」と念押し。

そのあと、担当の方とお年寄りの介護施設の打ち合わせにはいりました。
 
        

本格シーズンに突入した花粉症。もはや「国民病」といわれ、最近は発症低の年齢化も問題になっている。子どもの場合、自分で症状に気付かないことも多く、専門家は「放置せず、専門医を受診して」と訴えている。
馬場広太郎・独協医大名誉教授(耳鼻咽喉科)の調査によると、1998年から10年間で、5~9歳の花粉症の有病率は
約2倍、10~19歳は約1.5倍に増加。
大久保公裕・日本医大教授(耳鼻咽喉科)は「まず、風邪による鼻づまりと花粉症などによのアレルギー性鼻炎を見分ける必要がある」と指摘する。
見分けるポイントは①鼻水の色②熱③目のかゆみ―の三つ。熱が出て鼻水が黄色く濁るのは風邪の症状。花粉症は鼻水が透明で、目のかゆみを伴うのが特徴だ。
花粉の季節は受験シーズンとも重なり、鼻づまりによる集中力の低下、睡眠不足など中高生になっても影響は大きい。
「子どもの鼻づまりぐらい・・・」と軽く考えず、大人がチェックし、対処してあげることが大切だ。 
下野新聞2013.3.3掲載から抜粋

今日のあさの天気予報で関東に間もなく春一番が吹くそうです。春一番と言えば南風による気温の上昇ですね。それに伴って花粉の飛散が本格化してきます。
予防は大丈夫ですか?

薬に頼らない当社自慢のエアープロットをお勧めします。