• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

小中学校の統廃合を進めている那須町は、大島小学校の増築工事が始まりました。
体育館建て替えと教室の増築工事。

今回増築される校舎に、子供たちの学校生活が安全安心のもとで過ごせるようにとの配慮から、エアープロットが採用されました。
エアープロットの効果は、これから流行が心配されるインフルエンザ集団感染、ぜんそく・アトピーなどのアレルギー予防など多岐にわたります。

工事写真をアップしましたのでご覧ください。
エアープロット塗布工事は最終ですから出番はまだまだです。

P1060811

P1060812

P1060813

設計  フケタ設計
施工  鈴木工業

栃木県那須町の大島小学校増築工事にエアープロットが採用されました。

すでに工事は着工され基礎工事が進められています。
私どもの出番は来年一月後半ごろ工程に入れられています。建築の過程をアップできれば随時行っていきたいと思いますので乞うご期待あれ‼

今回は、の敷地内に「乳児棟」を増設する工事です。
完成間近を迎え、すっかりきれいになったガラス面にエアープロットを塗布。

P1050373

小さなトイレがとてもかわいらしいです。私の孫を思い浮かべながら汗を流しました・・・。

P1050370

設計 株式会社フケタ設計
施工 株式会社生駒組

 

 

現在工事中の園舎(乳児棟)にエアープロットが採用されました。
小さな命を大切に預かる施設づくりの一助になればと考えています。工事は来年一月完成の予定です。
今からスタンバイOK!
気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)は8日、来春のスギとヒノキの花粉飛散量について予想を発表した。全国平均は平年(2008~14年平均)の1割程度増。今春との比較では、全国平均で5割増しとなり、東北から近畿、山陰までの広い範囲で2~3倍に上る地域もありそうだ。
一方、四国や九州などは、今夏の天候不順の影響を受けて平年より少なくなる見込みで、14年の半分程度となる地域もあるとみられる。
同社は、「例年と同様、来年2月以降は徐々に花粉が増えるので、早めに事前の対策を」と呼び掛けている。 (2014.10.10 下野新聞掲載)
国が進めている待機児童0作戦のためか、保育園や幼稚園の新設・建て替えの話が多くなってきました。
お年寄りの介護施設は今後も増え続けると思いますが、次代を担う子どもたちを育てやすい環境作りに国も本腰を入れた証拠ですね。
国力は人口数に関係すると言われています。現在の我が国の人口が20年後、30年後には7千万人にまで落ち込むと言われて久しいですが、小子高齢化社会を突き進んでいる日本、みんなで元気出しましょう!

公営から民間に移行される保育園の建て替えのための打ち合わせに行ってきました。
規模は100人ほどの保育園ですが、設計者の心配りが感じられる素敵な施設になりそうです。
私どもは、ご存知の通り園内の空気環境を「きれい」にするためのエアープロットですから、期待値は大きいと思います。これまでの実績を活かし、こちらの園児達の健康をサポートできるようしっかりアドバイスして行きたいと考えております。

着工は来年の7~8月ころ、完成はよく年2月末と伺っております。
これから楽しみです。

2014.08.27.

花粉症対策

知り合いの会社の事務所のメンバーに花粉症の社員がいるということで、近々工事に行くことになりました。
一人はアトピーがひどく、肌が黒ずんでいる様子がわかりました。とても気の毒でした。
とにかく工事後、来春の事務所の様子を伺うのが楽しみです。

ご存知の方も多いと思いますが、化学物質の有害性を1962年に世界で初めて紹介した女性です。

http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/519703.html

旧園舎の取り壊しと外構工事が済み、園舎の全容がこのほど完成しました。
早速記録写真をとってきましたのでご披露いたします。定員385名の大規模幼稚園です。