• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

鹿沼市の「聖母幼稚園」にも一昨年の新築完成時にエアープロットを塗布させていただきましたが、只今、インフルエンザ感染ゼロの御報告をいただきました。今後いたるところでインフルエンザの猛威が予想されます。充分に気をつけましょう!

 

 

 

今朝の下野新聞によると…

栃木県保健福祉部は20日、インフルエンザの県内1医療機関あたりの患者数が前週の2倍に当たる2.03人に上り、今シーズン初めて流行の目安の「1人」を超えて流行期に入ったと発表した。

県内75か所の定点医療機関から報告のあった10~16日の患者数は、前週比80人増の152人と急増した。県内全域で患者数が急増しており、特に真岡市、芳賀郡の県東部で増加が目立つ。

同部は1月末ごろが流行のピークになるとみて「手洗いやうがいを励行し、少しでも症状があれば早めの受診やマスク着用を心掛けてほしい」と呼び掛けている。

                                                             ≪2012・12・21掲載≫

昨年2月に施工した「こひつじ保育園」を訪問。

園長先生に高い評価をいただきました。12月19日現在、1名の園児のインフルエンザ感染者がいるものの、園内での感染は見られないということでした。当然のことながら園外感染はあるものの園内感染が予防できているということです。インフルエンザが蔓延しています。充分に気を付けたいものです。