• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

栃木県那須町の大島小学校増築工事にエアープロットが採用されました。

すでに工事は着工され基礎工事が進められています。
私どもの出番は来年一月後半ごろ工程に入れられています。建築の過程をアップできれば随時行っていきたいと思いますので乞うご期待あれ‼

今回は、の敷地内に「乳児棟」を増設する工事です。
完成間近を迎え、すっかりきれいになったガラス面にエアープロットを塗布。

P1050373

小さなトイレがとてもかわいらしいです。私の孫を思い浮かべながら汗を流しました・・・。

P1050370

設計 株式会社フケタ設計
施工 株式会社生駒組

 

 

現在工事中の園舎(乳児棟)にエアープロットが採用されました。
小さな命を大切に預かる施設づくりの一助になればと考えています。工事は来年一月完成の予定です。
今からスタンバイOK!

公営から民間に移行される保育園の建て替えのための打ち合わせに行ってきました。
規模は100人ほどの保育園ですが、設計者の心配りが感じられる素敵な施設になりそうです。
私どもは、ご存知の通り園内の空気環境を「きれい」にするためのエアープロットですから、期待値は大きいと思います。これまでの実績を活かし、こちらの園児達の健康をサポートできるようしっかりアドバイスして行きたいと考えております。

着工は来年の7~8月ころ、完成はよく年2月末と伺っております。
これから楽しみです。

矢板市のかしわ幼稚園は改築のため工事が進められていましたが、完成間際、エアープロットの塗布作業に伺いました。
2グループに分かれ作業した結果、ことのほか順調に進み、2日間で完了。室内の空気が、それまでとは違ってほこりっぽさ
などが感じられなくなり、「効果を上げているな」と実感。
写真をアップしたいのですが旧園舎が隣接し撮れません。後日に期待してください。

間もなく引き渡し。子どもたちの元気な声が園内に響き渡るのも間近です。

設計はこちらです。

ぜんそくかなと思ったら、先ずは医療機関を受診しましょう
咳が3週間以上も続くなどの症状はぜんそくの可能性があります。あるいは百日咳や胃食道逆流など他の病気の場合もありますので、なるべく早く医療機関を受診しましょう。受診の時に医師に伝えつことを前もってメモしておきましょう。

◇医師と十分に相談しましょう
   患者からの情報
    症状や既にある病気、使っている薬について
    家族の状況 職場や学校の環境 生活状況 住宅環境 人間関係
   医師からの情報
    検査の方法や結果について
    治療方法や薬について
    自己管理の方法 など
◆受診の時に伝えること (メモをすることで大事なことを忘れずに伝えることができます。)
   ・症状の説明 いつ どんな時 どのような症状で どのくらいつづくのか
   ・今飲んでいる薬 (その薬かお薬手帳を持っていくこと)
   ・アレルギーの家族がいるかどうか
   ・家や職場の生活環境
   ・既にある病気のこと
◇検査の種類
   ・胸部レントゲン  他の呼吸器の病気との区別のため
   ・血液検査  アレルギー反応の起こしやすさや原因となるアレルゲンを見つけるため
   ・皮膚テスト  原因となるアレルゲンを見つけるため
   ・呼吸機能検査  グラフの形から正常化ぜんそくがあるかがわかるります

           ―ガイドライン2007より―

こういう症状はぜんそくかもしれません

夜中や朝方にゼーゼーして(喘鳴)眠れない、信号を急いで渡った時、冷たい空気を吸った時、掃除をするときなどに咳が出る、熱もなく風邪が治ったはずなのにいつまでも咳が続く、痰がでるなどの症状はぜんそくの症状かもしれません。ぜんそくは本人自身が気づかないままでいることがあります。今の症状に体が慣れて、ぜんそくの苦しさに本人自身が気づかないまま「こんなもんだろう」と思い、治療しないで治療しないで症状を悪くしている場合があります。ご自身の症状がぜんそくの症状かどうかを受診して確かめてください。 

ぜんそくの症状はどうして起こるのでしょう

ぜんそくは、アレルギー疾患になりやすい遺伝的素因のうえに何らかの原因で気道が過敏になっているところに、ホコリやカビ、天候などで気管支が刺激されることにより発作を起こす疾患です。発作を繰り返し起こすことで気道の粘膜が傷つき、少しの刺激でも発作を起こしやすくなり、そのままにしておくと粘膜が厚くなり(リモデリング)、さらに発作を起こすことになってしまいます。ぜんそく死の危険性にもつながりますので早めの治療が大切です。
   ―アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2007より―

  

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われているダニ、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を
悪化させるものを減らす為にエアープロットを塗布します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

喘息の対処方法にて、「アレルゲンを少なくすること」が根本的な治療法とご説明しました。
では、アレルゲンを少なくする方法はどうすれば良いでしょうか?

ここでエアープロットが効果を発揮します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています

ダニのフン原型   12時間後    3日後
   
 詳しく実験の結果を見る>>
 

 

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われているダニ、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を
悪化させるものを減らす為にエアープロットを塗布します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

喘息の対処方法にて、「アレルゲンを少なくすること」が根本的な治療法とご説明しました。
では、アレルゲンを少なくする方法はどうすれば良いでしょうか?

ここでエアープロットが効果を発揮します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています

ダニのフン原型   12時間後    3日後
   
 

気管支でアレルギー病が起こり、咳、痰、気管支閉塞を起こし、喘息発作を起こす病気を“気管支ぜんそく”
といいます。

喘息の原因はホコリ、ダニ、カビの胞子、花粉等のアレルゲンを 吸入することにより起こります。
鼻や口から吸入されたアレルゲンは感作され、アレルギー反応が準備された気管支粘膜に到達します。
さらに、気管支粘膜の表面にあるマスト細胞と反応し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が
出てきます。
化学伝達物物質のヒスタミンはのどでは咳やイガイガ感、痰などを起こします。気管支では気管支筋を収縮
させます。
さらに刺激を与えると気管支線で痰ができます。血管の透過性が増し、血管内の水分が血管外に出て、
粘膜が腫れてきます。
気管支が閉ざされ塞がれた状態になる為、呼吸が苦しくなります。
ゼーゼー、ゼロゼロといった音の出る息を繰り返し、呼吸が苦しくなってきます。これを喘息発作と言います。

◆発作の前ぶれ◆
アレルギー性鼻炎などで鼻づまりになると、息で呼吸が出来ないので口で呼吸をすることになります。
すると喉にアレルギー反応はおき、イガイガ感を生じ、咳、痰が出てきます。
さらに、ハウスダストやカビ、花粉などのアレルゲンを
吸入すると気管支のアレルギー反応を引き起こします。
その為気管支筋が収縮し、粘膜が腫れたり、痰によって詰まったりしてきます。
つまり、鼻づまりや口呼吸、のどのイガイガ感、咳、痰などは喘息発作の前触れなのです。
                                              
(「花粉症、喘息に打ち勝つために」から引用)

            

従来の対処方法は、①病院へ行く、 ②毎日薬を飲む、 ③運動をする、という方法でした。
     
喘息発作はアレルゲンに対する気管支のアレルギー反応です。
気管支が過敏になりアレルゲン(刺激)を体外に排除しようとする防御反応なのです。
アレルギーが入らなければアレルギー反応は起こりません。
ぜんそくなどのアレルギー病で

一番大切で重要な治療法はアレルゲンを少なくすることです。
この方法が最も根本的な治療法でもあります。

エアープロットは、アレルゲンを少なくすることができます。