• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

 

中国で、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)のヒトからヒトへの感染とみられる事例が初めて確認されたと、江蘇(Jiangsu)省の疾病予防当局のチームが7日、英医師会雑誌(BMJ)のウェブサイトに発表した。中国では3月からH7N9型ウイルス感染が広がり、これまでに40人以上が死亡している。

 江蘇省は中でも感染者数が多い。江蘇省疾病予防管理センターの鮑昌俊(Bao Chang-jun)氏は、「憂慮すべき展開」で厳重に監視する必要があると指摘しつつも、現時点ではH7N9型ウイルスにヒト間で感染が拡大するほどの強い感染力はないとの見方を強調。「パニックになるべきではない」と述べている。

 研究者らはかねてより、H7N9型ウイルスが変異してヒトからヒトへの感染が起きる可能性を懸念していた。

 鮑氏らの報告によると、ヒト間感染の例とされるのはH7N9型感染が確認された後病院で死亡した男性(60)と娘(32)。父親から娘に感染したとみられるという。

 娘は約1週間にわたって父親の看病をしていたが、H7N9型に感染した疑いのある鳥類とは接触していなかった。このため研究チームは、家禽市場に出入りしていた父親から感染したとみるのが「最も可能性の高い説明だ」と結論付けた。

 遺伝子検査で、父と娘から採取したウイルスが「ほぼ同一」であることも確認された。

 ただ、研究チームは直接感染の可能性を示す証拠が得られたとしながらも、ウイルスの感染力は「限定的で持続可能ではない」としている。この父娘と密接な接触があった病院の職員など43人は、いずれも感染していない。

AFP=時事 2013年8月7日

静岡大副学長で遺伝子実験施設長の露無(つゆむ)慎二教授=遺伝子工学=がこのほど、白金のナノ微粒子(ナノは100万分の1ミリ)に細菌ウイルスを分解する効果があることを実証した。

露無教授は、京都大の小山宗孝準教授(ナノ工学)の協力で白金を「ナノコロイド溶液」と呼ばれる微粒子にして、10億個の細菌ウイルスを含む液と接触させた。1時間以内に、すべての細菌ウイルスが死滅した。白金の微粒子が細菌ウイルスと接触し、細菌ウイルスのタンパク質やDNA(デオキシリボ核酸)を破壊するという。露無教授は「どんなウイルスも基本構造は同じなので、新型インフルエンザウイルスやエイズウイルス(HIV)、新型肺炎(SARS)ウイルスなどでも、効果が期待できる」と話す。

東京大大学院農学生命科学研究科の難波成任教授(ウイルス学)は「画期的な発見。白金は光を受けて反応する「光触媒作用」でウイルスを分解することが知られていた。光がなくてもウイルスを死滅させることができるとすれば、非常に応用範囲が広がる」と評価する。 (2010年1月27日 静岡新聞掲載)

この実証は、プラチナチタン触媒「エアープロット」がインフルエンザウイルスの集団感染予防に効果があることを裏付けています。

有機化合物には、身近なものとして花粉やダニ、ハウスダスト、ニオイや揮発性有害物質、ウイルス、カビの胞子など、その他多くあります。
エアープロットは、これらの殆んどすべてを分解し、無害の状態にすることができます。

関連記事

有料老人ホーム『あずみ苑グランデ矢板』のオーナー様から、苑内のインフルエンザの集団感染予防やニオイ対策などのために、エアープロットをご採用いただき23日、施設の共用部分に塗布施工させていただきました。ありがとうございました。

関連記事

エアープロットは【有機化合物】を分解することができます。エアープロットの主成分は「プラチナ」と「チタン」です。

有機化合物とは・・・・・
炭素化合物の総称です。地球上に存在する有機化合物は数千万種類あると言われています。
シックハウスの原因物質・ホルムアルデヒドやトルエンなどのVOC、花粉症の原因物質の花粉、アトピー性皮膚炎や喘息の 原因物質とされるハウスダスト、インフルエンザウイルスなども全て有機化合物です。

ここではホルムアルデヒドを例に、プラチナチタン触媒の効果の仕組み<吸着・分解・除去>を説明します。

①エアープロットを窓ガラス(室内側)に塗布すると、ガラス表面に触媒能力を持つプラチナとチタンが固着します。
室内の空気中に、シックハウスの原因物質ホルムアルデヒドが存在するとして・・・
スクリーンショット 2016-03-01 17.43.57

エアープロット  夜間のはたらき

②夜間、ホルムアルデヒドはプラチナ触媒によって吸着・分解されます。
スクリーンショット 2016-03-01 17.44.39

③吸着と分解を繰り返していると、やがてプラチナ触媒の表面は分解された原子で覆われます。
スクリーンショット 2016-03-01 17.45.16

エアープロット  昼間のはたらき

④太陽が東の空にが昇ると、太陽光に含まれる紫外線が窓ガラス表面のチタン触媒に当たります。
チタン触媒に紫外線が当たると空気中の酸素【O2】を分解し、原子状の酸素【O】に変化します。

スクリーンショット 2016-03-01 17.45.52

⑤分解された酸素【O】は酸化力が非常に強く
分解されている原子(H・C)は酸素と結合(酸化還元反応)、水(H2O)と二酸化炭素(CO2)に変化し、空気中に放出します。

スクリーンショット 2016-03-01 17.46.35

⑥紫外線がある昼間は、プラチナ触媒とチタン触媒による吸着・分解・除去が繰り返し行われます。
スクリーンショット 2016-03-01 17.47.14

私の住む隣町の矢板市にある老人ホームで、この度エアープロットの採用が決まりました。免疫力の低下が心配されるお年寄りのための空気質の保全は施設運営に携わるスタッフの願いだと思います。感染症、とりわけインフルエンザの集団感染予防はとても重要です。
エアープロットの効果を御理解いただいた例として御紹介いたします。

塗布作業は今月下旬を予定しています。

サウジで死者17人に

サウジアラビアを中心に新種のコロナウイルスの感染が拡大し、死者が急増している。2003年に大流行した
新型肺炎(SARS)を引き起こすウイルスと同じ仲間だが、詳しい感染の仕組みは解明されていない。サウジは世界中からイスラム教徒が訪れる聖地メッカを抱える地。世界保健機関(WHO)は本格的な流行を警戒している。  以下省略

下野新聞 20130527掲載

SARSと言い、コロナウイルスと言い、いずれも肺炎を引き起こすということは感染方法が「空気感染」なのでしょうか?
世界には得体の知れないウイルスが存在しています。
一刻も早く鎮静できることを祈ります。

世界保健機関(WHO)の最高意思決定機関、WHO総会がジュネーブの国連欧州本部で開幕した。中国で感染者が増加している鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)や、中東を中心に感染者増えている新型肺炎(SARS)を引き起こすウイルスと同じ仲間せあるコロナウイルスの新種が議題となる。

今回は日本が初の議長国を務める。28日までの日程で、加盟194カ国から3千人が参加する予定。
H7N9型ウイルスや新種のコロナウイルスに関しては、大流行を防ぐためにWHOが定めた国際保健規則や、ワクチン普及の迅速化のために検体を共有する枠組みについての取り組みの中で議論される。

中国やサウジアラビアなど感染の中心になっている加盟国が現状説明などを行う。
日本はH7N9型感染対策や、糖尿病やがんなどの非感染症対策などで貢献したい意向だ。  
      20130520下野新聞掲載

中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)問題を所管している国家衛生計画出産委員会などが世界保健機関(WHO)と4月に実施した現地視察調査の報告で、軽症または発症していない感染者が多数出ている可能性に言及していることが19日、分かった。

露無・静岡大副学長が実証

静岡大副学長で遺伝子実験施設長の露無(つゆむ)慎二教授=遺伝子工学=がこのほど、白金のナノ微粒子(ナノは100万分の1ミリ)に細菌ウイルスを分解する効果あることを実証した。
露無教授は、京都大の小山宗孝準教授(ナノ工学)の協力で白金を「ナノコロイド溶液」と呼ばれる微粒子にして、10億個の細菌ウイルスを含む液と接触させた。1時間以内に、すべての細菌ウイルスが死滅した。白金の微粒子が細菌ウイルスと接触し、細菌ウイルスのタンパク質やDNA(デオキシリボ核酸)を破壊するという。

露無教授は「どんなウイルスも基本構造は同じなので、新型インフルエンザウイルスやエイズウイルス(HIV)、新型肺炎(SARS)ウイルスなどでも、効果が期待できる」と話す。

東京大大学院農学生命科学研究科の難波成任教授(ウイルス学)は「画期的な発見。白金は光を受けて反応する『光触媒作用』でウイルスを分解することが知られていた。光がなくてもウイルスを死滅させることができるとすれば、非常に応用範囲が広がる」と評価する。
   (2010年1月27日 静岡新聞掲載)

この実証が、エアープロットがインフルエンザウイルスの集団感染予防に効果があることを裏付けています。

 

厚生労働省を始め、全国の地方自治体では「新型インフルエンザ対策行動計画」を策定し、常に脅威にさらされている鳥インフルエンザの感染予防を推進している。現在、中国を震撼させている鳥インフルエンザH7N5型は、鳥からヒトへの感染からヒトからヒトへの感染が疑われていますが、的確な情報が欲しいものです。