• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

大きな特徴は、「強いかゆみ」と「治りにくい湿疹」です。痒いので皮膚をかくと、これがまた皮膚の炎症を悪化させて、さらにかゆみが強くなる、という悪循環をしばしば繰り返します。

子どもに多く、年齢によって少しずつ症状に違いがあります。
「乳児期」では顔を中心に赤くがさがさした湿疹ができたり、首や肘にもあらわれますが、脂漏性湿疹やおむつかぶれとの区別が難しいこともあります。
「幼児期」は手足に湿疹が沢山出てくることが多く、かさかさして鳥肌のような白い点々とした盛り上がりが見られるようになります。一方で顔にはあまり症状は現れません。
「学童期・思春期」では肘やひざ、首などの関節に慢性化した湿疹が目立ってきますが、成長するにしたがって症状はよくなってきます。

この病気の原因については、まだはっきりしたことがわかっていません。以前は、ハウスダストやダニなどアレルゲンに過敏に反応するアレルギー体質が原因と言われていましたが、最近の研究では、必ずしもそれだけではなく、皮膚バリア機能の低下が大きく関係していることがわかってきました。つまり、アトピー性皮膚炎の人は、生まれつき皮膚を守るバリア機能が低下しており、ここにアレルゲンやストレスなどが加わって、症状が悪化するというわけです。

        ―(財)日本アレルギー協会資料より―

 

湿疹が出ると、すぐに「アトピー性皮膚炎ではないか?」と思いこんでしまう親御さんも多いようですが、湿疹=アトピー性皮膚炎ではありません。子どもは皮膚を外敵から守るバリア機能がまだ成長していないため、ちょっとした刺激で様々な皮膚病を起こします。

似たような病気があるので、あげてみましょう。
「接触皮膚炎」は、いわゆるかぶれのこと。化粧品や植物などが皮膚に触れた刺激でよく起こります。
「急性痒疹」は「小児ストロフルス」のことで、虫刺されなどの後などに生じます。
「脂漏性皮膚炎」は、頭や額、頬、鼻などの皮脂の分泌の多い場所に湿疹ができるのが特徴です。
「疥癬(かいせん)」は、ダニの一種、疥癬虫(ヒゼンダニ)が人間の皮膚に感染するものです。
「汗疹」は、いわゆる「あせも」のこと。つまった(汗のでる管)に汗がたまって起こります。
「魚鱗癬」は、全身の皮膚が乾燥してざらざらし、魚のうろこ状に割れ目ができる遺伝性の病気です。このほか、皮脂が欠乏して起こる「皮脂欠乏性湿疹」や水仕事などがキッカケで起こり、手だけにできる「手湿疹などがあります。

アトピー性皮膚炎と診断するためには、これらの皮膚病と見分けるのが大変重要です。自己診断せずに、先ずはお医者さんに「どんな皮膚の病気なのか」を診てもらいましょう。    ―(財)日本アレルギー協会資料より―

湿疹が出ると、すぐに、「アトピー性皮膚炎ではないか?」と思いこんでしまう親御さんも多いようですが、湿疹=アトピー性皮膚炎ではありません。子どもは皮膚を外敵から守るバリア機能がまだ成長していないため、ちょっとした刺激で様々な皮膚病を起こします。

似たような病気がいくつかあるので、あげてみましょう。

「接触皮膚炎」は、いわゆる「かぶれ」のこと。化粧品や植物などが、皮膚に触れた刺激でよく起こります。
「急性痒疹」は「小児ストロフルス」のことで、虫さされの後に生じます。
「脂漏性皮膚炎」は、頭や顔、頬、鼻などの皮脂の分泌の多い場所に湿疹ができるのが特徴です。
「疥癬(かいせん)」は、ダニの一種、疥癬虫(ヒビンダニ)が人間の皮膚に感染する者です。
「汗疹」は、いわゆる「あせも」のこと。つまった汗管(汗のでる管)に汗がたまって起こります。
「魚鱗癬」は、全身の皮膚が乾燥してざらざらし、魚のうろこ状に割れ目ができる遺伝性の病気です。
このほか、皮膚が欠乏して起こる「皮膚欠乏性湿疹」や水仕事などがきっかけで起こり、手だけに湿疹ができる「手湿疹」などがあります。

アトピー性皮膚炎と診断するためには、これらの皮膚病と見分けるのが大変重要です。自己診断はせずに、まずはお医者さんに「どんな皮膚の病気なのか」を診てもらいましょう。      ―(財)日本アレルギー協会資料より―

主婦の幸子さんが、息子の異状に気付いたのは就寝後のことでした。隣で寝ていたはずの拓哉クン(4歳)が、布団の中でポロポリとか体をかきむしっているのです。パジャマを脱がせてみると、クビヤわきの周辺、胸と背中にも点々と赤い湿疹が出ています。体は乾燥して触るとかさかさしており、良く見ると首や肘の内側や両足のひざの裏にも、ひっかいたあとがありました。

しばらく様子を見ましたが、拓哉クンの症状はなかなかよくなりませんでした。それどころか、「かゆいよ~、かゆいよ~」と泣きながら訴えることもあります。
昼もかゆみのために、落ち着かない様子です。心配した幸子さんが、拓哉君を近くの皮膚科に連れて行ったところ、「アトピー性皮膚炎」と診断されました。

幸子さんは世間をさわがしているその病名に、一瞬、ギョッとしました。が、お医者さんから、「子どもにはありふれた病気です。適切な治療を続けていれば、悪化しませんし、決してやっかいな病気ではありません。大人になると症状は落ち着きますよ」と詳しい説明を聞いて一安心しました。そして、楽な気持で、治療を始めることにしたのです。治療を受けながら病気に関する色々な質問を先生に投げかけ、詳しい説明をして頂きました。  ―(財)日本アレルギ協会資料より―

こういう症状はぜんそくかもしれません

夜中や朝方にゼーゼーして(喘鳴)眠れない、信号を急いで渡った時、冷たい空気を吸った時、掃除をするときなどに咳が出る、熱もなく風邪が治ったはずなのにいつまでも咳が続く、痰がでるなどの症状はぜんそくの症状かもしれません。ぜんそくは本人自身が気づかないままでいることがあります。今の症状に体が慣れて、ぜんそくの苦しさに本人自身が気づかないまま「こんなもんだろう」と思い、治療しないで治療しないで症状を悪くしている場合があります。ご自身の症状がぜんそくの症状かどうかを受診して確かめてください。 

ぜんそくの症状はどうして起こるのでしょう

ぜんそくは、アレルギー疾患になりやすい遺伝的素因のうえに何らかの原因で気道が過敏になっているところに、ホコリやカビ、天候などで気管支が刺激されることにより発作を起こす疾患です。発作を繰り返し起こすことで気道の粘膜が傷つき、少しの刺激でも発作を起こしやすくなり、そのままにしておくと粘膜が厚くなり(リモデリング)、さらに発作を起こすことになってしまいます。ぜんそく死の危険性にもつながりますので早めの治療が大切です。
   ―アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2007より―

  

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われているダニ、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を
悪化させるものを減らす為にエアープロットを塗布します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

喘息の対処方法にて、「アレルゲンを少なくすること」が根本的な治療法とご説明しました。
では、アレルゲンを少なくする方法はどうすれば良いでしょうか?

ここでエアープロットが効果を発揮します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています

ダニのフン原型   12時間後    3日後
   
 詳しく実験の結果を見る>>
 

 

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われているダニ、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を
悪化させるものを減らす為にエアープロットを塗布します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

喘息の対処方法にて、「アレルゲンを少なくすること」が根本的な治療法とご説明しました。
では、アレルゲンを少なくする方法はどうすれば良いでしょうか?

ここでエアープロットが効果を発揮します。
エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去するし、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に
入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています

ダニのフン原型   12時間後    3日後
   

              

  

アトピー性皮膚炎の大きな特徴は“強い痒み”と“治りにくい湿疹”です。
痒いので皮膚をかき、皮膚が炎症してさらに痒みが強くなり、悪循環を繰り返します。
アトピー性皮膚炎で重症の人が増える原因として
   ①ストレスの増加
   ②ダニが発生しやすい住環境
   ③食生活の変化             が考えられます。

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われています。
ダニ、ほこり、カビ、はアトピー性皮膚炎を悪化させるものなので、出来るだけ減らす努力が必要です。
        
(「かゆくたってへっちゃら!!」-アトピー性皮膚炎を悪くしないために-より引用)」

   
走査電子顕微鏡でみた
ダニとダニのフン
 
ツメダニ 
 
 
             

アトピー性皮膚炎がなぜ起こるのでしょうか。

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織というつくりになっています。
表皮の一番上の最上層には肌を守るのに重要な役割をする「角質」という組織があります。
角質の中には平らな細胞が層になって重なっています。
この細胞同士の隙間に、セラミド(細胞間脂質)という脂が埋まって、細胞と細胞をしっかりくっつけ、
肌を保護しています。これにより皮膚の「バリア機能」が保たれています。
    
ところが、アトピー性皮膚炎の患者さんは生まれつき、このセラミドが十分でありません。
このため、細胞と細胞の間に隙間ができ、皮膚がカサカサになって穴が開いた状態になります。
その結果、水分が逃げやすなって皮膚が乾燥し、外から異物(ダニやハウスダスト)が入り込んで、
湿疹が悪化しやすくなります。

アレルギー疾患対策法案提出へ

自民、公明両党は7日、アトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症など、急増するアレルギー疾患への対策指針策定を国に義務付けた「アレルギー疾患対策基本法案」を今月中にも国会提出する方針を固めた。東京都調布市で昨年12月に食物アレルギーのある女児が給食後に死亡した問題も踏まえ、学校に医療面などの適切な対応を促す。

中略

国の基本指針では調査研究の促進や予防施策の普及を盛り込む。全国どこでも適切な医療が受けられるよう専門医育成や医療機関の整備充実を図る。厚生労働省に、患者や家族、専門家で構成する対策推進協議会を設置し、基本指針策定の際などに意見を求める。   下野新聞 2013.4.8掲載

弊社に新しい特約店が加盟していただきました。
シーズンハウス]という地域ブランドを目指しているエアープロット標準装備のハウスメーカーです。先ずは社屋をご覧ください。

玄関の脇にシーズンハウス様が目指す家づくりの学習内容がが掲げられています。家を建てられるお客様に、出来るだけ
わかりやすくご説明し、後悔しない家づくりを御理解していただくというプロデューサーの経験に基づいたカリキュラムです。
ですから、どちらかと言うと「住まいの学習館」と言った感じです。住まいづくりの全て(?)がわかってしまう「魔法の館」です。

 プロデューサーの山崎様。なんでも質問に答えてくれるスーパーマンです。

弊社ともども御贔屓くださいますよう御案内申し上げます。

詳しくはこちらをご覧ください。