• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

2013.09.03.

新型インフルエンザ「H7N9鳥インフルエンザワクチン製造」 動物実験へ

厚生労働省は2日、今年3月以降に中国で感染が相次いだH7N9型鳥インフルエンザのワクチンを製造する方針を専門家会議に提案、了承された。4カ月程度かけて試験的にワクチンを作り、早ければ来年1月に動物実験を始める計画。

H7N9型のウイルスが変異して、ヒトで広がりやすい新型インフルエンザが発生した場合に備え、開発を進めておくのが狙い。動物実験の結果や海外の状況を踏まえ、人に接種する試験を行うかどうか検討する。

製造には中国から提供を受けたウイルスをもとに国立感染症研究所などが開発したワクチン候補株を使用。鶏卵で増殖させるワクチン製造法に適しているか、体内で抗体が期待できるか検証する。   ―2013.09.03 下野新聞掲載―

関連記事