• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

2013.06.22.

鳥インフル 台湾で感染者 世界初、H6N1型

台湾の中央通信社などによると、台湾の衛生当局は21日、中部に住む女性(20)が鳥インフルエンザウイルス(H6N1型)に感染したことを明らかにした。
H6N1型は鳥に対して症状を引き起こす力が弱い低病原性の鳥インフルエンザウイルス。これまで鳥類の間で感染は確認されているが、ヒトへの感染確認は世界で初めてという。今春、中国本土で感染者確認が相次いだのはH7N9型。
女性は5月5日の発症後、軽い肺炎を起こして入院したが、回復して11日退院。その後、専門機関がウイルスを検査し、
H6N1型への感染を確認した。   ―20130622 下野新聞―

鳥インフルエンザウイルスは、主に渡り鳥が媒体となって日本に広まると言われています。5年程前になりますが、宮崎などで蔓延したことを思い出します。自然が相手では防衛のしようがありません。大事に至らなければよいと願っています。