• ホーム
  • お知らせ
  • エアープロットとは
  • エアープロットの仕組み
  • 施工について
  • 施工事例
  • 他製品との比較

お知らせ

2013.06.19.

風疹患者一万人超え 厚労相、財政措置を否定(栃木県34人)

今年の全国の風疹患者数の累計が、1万102人となったことが18日、国立感染症研究所のまとめで分かった。9日までに全国から報告された患者数を集計した。全ての患者が報告対象となった2008年以降では最も多く、患者が激増した昨年1年間の2392人を大きく上回った。

風疹ウイルスの写真(ウィキペディア・フリー百科辞典より)

田村憲久厚労相は18日の閣議後の記者会見で「他の感染症と比べ爆発的に多いということではない」とし、風疹に対する新たな財政措置の導入について、現時点では否定的な考えを示した。  (中略)

風疹は妊娠初期の女性が感染すると胎児が難聴や白内障、心臓病などの「先天性風疹症候群」になる恐れがある。 (中略)

患者は3/4が男性で、ワクチン接種の機会がなかったとみられる20~40代が中心。一部の自治体では、妊娠を希望する女性や妊婦の夫らに予防接種の助成を始めている。風疹を予防接種法で国などが費用を負担する「臨時接種」の対象にするように求める声もある。   ―20130619 下野新聞―

風疹は飛沫感染による感染率が高と言われています。充分気を付けたいものですね。